スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

吉高由里子「びしょびしょなので…勘弁してください」(画像あり)

1: ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★ 2013/07/01(月) 01:54:26.58 0
芸能人、有名人が思わずもらした本音、つぶやき、忘れ去るにはもったいない名言を紹介するコーナー。
今週は、6月25日に東京都渋谷区のNHK放送センターで行われた来年春の連続テレビ小説「花子とアン」の発表記者会見から。
ヒロインに決まったのは女優、吉高由里子
同23日の映画「真夏の方程式」舞台あいさつでは、共演した福山雅治について「完全にオッサンでした」などと大胆に語ったが、
この日も“自由すぎる”発言を連発して…。

■「まだ言いたいことがあったら、ツイッターで言います」

吉高由里子(女優)
(初の連ドラ主演に「“吉高したたか”といわれるくらい役に食らいついていきたい」と力を込めつつ、
会見序盤はとにかく緊張した様子だった吉高。
言いたいことを言えず、「今夜は悔いて過ごしそう」と先回り。
ツイッターでの発信を予告する独特の表現で会場の笑いを誘った)

■「汗びしょびしょなので…勘弁してください」


(ドラマのヒロイン・花子は、カナダの作家モンゴメリの小説「赤毛のアン」を翻訳した翻訳家。
報道陣から、「花子は逆境に恐れない性格だが、吉高さんご自身は?」という質問が飛ぶと、
吉高は「私はネガティブになるタイプ。でも、始まってしまえば生きがいになったりします…」と戸惑いがちに回答。
会見の緊張に加え、あまり回答に自信がなかったのか、報道陣になぜか頭を下げる吉高だった)

■「難しいのが来たぞ~。(記者は)優しい人ばっかりって聞いていたのに…いじわるだ」


(報道陣から「花子に一番共感できる部分は?」と尋ねられ、思わずポツリ。
「目の前に降ってきたことに没頭してしまうことはあります…。
あれ? (質問の意味と)合ってます?」とためらいながら回答。
「もう少しうまいことが言えるように、こういう場をお借りして勉強していきたい。
NHKさん、よろしくお願いします」と強引にまとめると、NHK関係者も困ったように笑っていた)

■「(「赤毛のアン」を)まだ読んだことがございません。読んだらまた、会見しましょうか」

(「赤毛のアン」は未読で、「先ほど(本を)渡されたら、結構分厚かった」と感想を語った吉高。
「すみません、こんな女です」と申し訳なさそうに笑った。とかく、吉高の飾らない受け答えが魅力的な会見だった)

■「吉高さんに手を握られて、心拍数が上がってしまった」

中園ミホ(脚本家)
(脚本を担当するのは、ドラマ「やまとなでしこ」「ドクターX~外科医・大門未知子~」などを手がけた中園ミホさん。
会見前、緊張していることをこの日初対面の吉高に告げたところ、手を握られて余計に“ドキドキ”が高まったという。
映画「横道世之介」の演技を見た中園さんやプロデューサーらが「ドラマのヒロインとイメージが一致している」と吉高にラブコール。
ファンを公言する中園さんは「ずっとご一緒したかった。隣にいるだけでドキドキするので、
早く一緒にお酒を飲んで距離を縮めたい」と期待を募らせていた)

■「『あまちゃん』の宣伝ではないので、この辺で…」


朝ドラといえば、現在放送中の「あまちゃん」は人気が爆発中。印象に残っている朝ドラを問われ、
「おしん」と「あまちゃん」をあげた中園さん。自身もあまちゃんにハマっているといい、
脚本を手がけている宮藤官九郎さんを「悔しいけれど、天才」などと絶賛した。
「私は夜型なんですけど、続きが気になって朝8時に起きる。東京編も気になる…」と作品愛を熱っぽく語り始めた後、ふとわれに返って“本題”に戻っていった)

◇NHK連続テレビ小説「花子とアン」は来年3月31日スタート。全156回の予定。
原案は、村岡花子の孫、村岡恵理さんの「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130630-00000543-san-ent
http://amd.c.yimg.jp/amd/20130630-00000543-san-000-1-view.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 吉高由里子 真夏の方程式 花子とアン 名言 朝ドラ

2013/07/01 11:28 | 女優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ライバルが続々と“脱落”して事務所の看板女優になった吉高由里子

1: 禿の月φ ★ 2013/06/29(土) 19:12:46.26 ID:???P

来年前期のNHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年3月31日スタート)の
ヒロインに決まった女優の吉高由里子が25日、都内で会見を行った。

小説「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子の人生を描いた物語だが、
吉高は「赤毛のアン」を読んだ感想を聞かれ、「正直、読んでません…。
さっき、本を渡されて、けっこう分厚いな」と苦笑。「緊張で汗びっしょり。
私に“朝の顔”が務まるのか不安」と冗談交じりに笑うなど相変わらずの
マイペースぶりだったが、今やすっかり所属事務所「アミューズ」の看板女優となった。

「29日からは同じ事務所の先輩・福山雅治と共演した『ガリレオシリーズ』の
映画『真夏の方程式』が公開されているが、舞台あいさつなどでも福山との息はピッタリ。
ガリレオシリーズ』は柴咲コウが出演していたが、いろいろあって福山との関係が悪化し、
福山が吉高を“指名”したようだ。今週はサザンオールスターズの活動再開と吉高の
朝ドラヒロイン起用が発表されたこともあって、今週で株価が200円近くアップした。
今や、吉高は株価も左右する影響力を持つまでになった」(芸能記者)(>>2以降に続きます)

ソース:リアルライブ
http://npn.co.jp/article/detail/21717081/
画像:no title

関連ニュース
【テレビ】ヒロイン吉高由里子「役に食らい付く」…来年3月31日スタートのNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」★2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372215728/


続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 看板女優 吉高由里子 花子とアン ガリレオ

2013/06/29 23:14 | 女優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【本当だよ】来春の朝ドラは「花子とアン」ヒロインに吉高由里子 (ヽ'ω`)o/°ちっぱい!ちっぱい!

1: ノルウェージャンフォレストキャット (チベット自治区) 2013/06/25(火) 18:08:20.74 ID:XJNlkgxxT● BE:1158228277-BRZ(10201) ポイント特典

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130625/ent13062517440008-n1.htm

来春の朝ドラは「花子とアン」 ヒロイン吉高由里子さん
2013.6.25 17:35
no title

K連続テレビ小説「花子とアン」制作発表の吉高由里子=渋谷区のNHK放送センター(撮影・北野浩之)

 NHKは25日、来年3月31日から放送する朝の連続テレビ小説が、カナダの作家、モンゴメリの小説「赤毛のアン」
を翻訳した村岡花子の半生を描く「花子とアン」に決まったと発表した。ヒロインの花子を吉高由里子さん(24)が演じ
る。

 脚本はドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」などを手がけた中園ミホさん(53)が担当する。原案は村岡さん
の孫の村岡恵理さんがつづった「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」。

 明治時代の山梨に生まれた花子は東京の女学校で欧米文学と出合い、故郷での教師生活をへて翻訳家への道を進む。関東
大震災や戦争を乗り越え、終戦後に「赤毛のアン」の翻訳を完成させるまでの苦難や恋、人々との交流が描かれる。

 吉高さんは記者会見で「花子はとてもハングリーな性格なので、自分も役に対してハングリーになりたい」と意気込んで
いた。


続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : NHK:朝の連ドラ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : NHK 朝ドラ 花子とアン ヒロイン 吉高由里子

2013/06/25 20:11 | テレビ番組COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。