スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【悲報】 ウィル・スミスが滅びた地球でサバイバルする映画「アフターアース」 大コケ

1: ぬこ(埼玉県) 2013/06/18(火) 20:51:27.26 ID:tVNdjDRvP BE:6333790289-PLT(12001) ポイント特典
夏の映画市場で現在までのところ最もつまずいている作品は意外なところを起点としている。ハリウッドに残された数少ない世界的スーパースター、ウィル・スミスだ。

 スミス自身も脚本とプロデュースに参加した、1000年後の地球を描いた「アフター・アース」は、封切り直後の米国とカナダでの週末興行収入は推定2700万ドルとなった。映画にはスミスの息子、ジェイデンも主役の1人として登場している。

 「アフター・アース」は、2週連続首位を維持した「ワイルド・スピード ユーロ・ミッション」、マジックをテーマにした新作スリラー映画「グランド・イリュージョン」に次いで3位となった。


 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは「アフター・アース」の製作に1億5000万ドル近くを投じたが、批評家からは辛辣(しんらつ)な評価が浴びせられている。
映画は海外のほとんどの国でまだ公開されておらず、スミスは依然海外で非常に高い人気を誇っていることから、ソニー・ピクチャーズにとって「アフター・アース」が最終的にどのような成績で終わるかはまだ分からない。

 だが、国内封切りの不振は同社にとって最悪のタイミングで訪れた。ソニーの筆頭株主、ダニエル・ローブ氏がこのところ同社の過剰投資を批判しているためだ。
ローブ氏はソニーにエンタテインメント部門の資産15-20%のスピンオフ(分離・独立)と上場を迫っている。

 「グランド・イリュージョン」の封切り直後の週末興行収入は2810万ドルと手堅い結果となった。製作費は「アフター・アース」の半分強程度で、
大物スターもほとんど出演していないことから、今週末最大のヒットを飛ばす新作映画になるとはハリウッドのほとんど誰も予想していなかった。

 米ケーブルテレビ大手コムキャスト傘下のユニバーサル・ピクチャーズが製作した「ワイルド・スピード ユーロ・ミッション」は、
公開2週目の週末興行収入は3450万ドルとなった。自動車レースをテーマにしたアクション映画で、現在までのところ国内で1億7040万ドル、海外で3億1020万ドルを売り上げている。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323924104578522154154401268.html

予告
http://www.youtube.com/watch?v=XcuXO0yqdhk


続きを読む »

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

タグ : ウィル・スミス 地球滅亡 サバイバル 映画 アフターアース 酷評

2013/06/18 23:13 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。